• シャネルのアイカラーをパーソナルカラー別にご紹介

    東京・青山の私のサロンには、たくさんの個人のお客様がペアや3人のグループでパーソナルカラー診断を受けにいらして下さいます。
    パーソナルカラー診断を受けようと思ったきっかけをお伺いすると、お洋服の色を知りたいが多いのかと思いきや、実は「自分らしいメイクの色を知りたい」と言う方が圧倒的に多いです。

    メイクの色は顔色そのものになってしまうので、よく「顔色が良く見える、顔色が悪く疲れて見える」と言うのはメイクの色が左右しているのです。

    パーソナルカラー診断ではご自身の持っている、お肌の色と瞳の色だけで、調和するメイクの色を導きだすことが出来るのです。
    私は髪の色を診断に入れる事はありません。
    髪はカラーリングでお好きな色に変えられえてしまうので、その色を診断基準に入れると髪の色を変えるたびにパーソナルカラーを変えないといけないので。

    似合うアイシャドウをすると瞳の色がきれいにキラキラして見えますし、どんなに濃く塗ってもお肌から浮いてみえないのメイクが濃く見えることもありません。

    ピンク系アイシャドウがNGというのではなく、青みが入っている桜色のアイシャドウにするのか、オレンジが入っているピーチピンク系のアイシャドウにするのが決まると思ってもらえればOKです。

    パーソナルカラーの分け方は何と言う方はこちらを見て下さい
    ⇒ パーソナルカラー診断とは

    今回はシャネルのアイシャドウのピンク系をパーソナルカラー別に分けてみました。(出典:CHANEL HP) 皆さん参考にしてみて下さいね

    パーソナルカラー・スプリング(イエベ・ソフト)

    79 – スパイシーズ:スプリングはピーチ系で優しいソフトな発色で。

    次はパーソナルカラー・サマー(ブルべ・ソフト)

    202 – ティセ カメリア: サマーはベイビーピンクとアッシュブラウンで柔らかさをアップ。

    次はパーソナルカラー・オータム(イエベ・ハード)

    204 – ティセ ヴァンドーム: オータムははっきりしたオレンジを加えてメリハリアップを!

    最後にパーソナルカラー・ウィンター(ブルべ・ハード)

    228 – ティセ カンボン:ウィンターはビビットなピンクを目じりのポイントに、ホールはアイシーピンクですっきりと。

    私は8000名以上のお客様のパーソナルカラー診断をしているだけなく、私のサロンのカラー診断のコースにはすべてフルメイクが付いているので、メイクも8000名以上の経験があると言うことになります。

    実際のメイクの色はお肌に載せると少し発色が変わります。
    私はメイクもしているパーソナルカラーアナリストなので、正確なメイクカラーの色分けが出来ると思っています。

    カラー診断後に持ってきていただいたメイクカラーをあっているか色分けするだけでなく、買い足した方がいいもお教えしています。無駄のない自分らしさが出るメイクカラーを揃える事が出来ますよ。

    パーソナルカラー別のチークは以前の部ブログでアップしています⇒ こちらをご覧ください

    パーソナルカラー診断はお友達とご一緒のペアや3人で受けると、診断を客観的に見れて楽しいですよ。
    パーソナルカラー別の似合うアイシャドウでキレイ度をアップしていきましょう!

    東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     


  • パーソナルカラー別!おすすめの秋メイク

    秋も深まり、肌寒い日が続きますね。

    皆さん秋服への衣替えは済んでいると思いますが、メイクはどうしていますか?

    季節に合わせて、洋服だけでなくメイクも衣替えしていきましょう!

    今回は、パーソナルカラー別におすすめの秋メイクをご紹介します。

    スプリングタイプ

    イエローベースで、春のお花畑を思わせる明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    秋メイクには、オレンジやコーラルピンク、ゴールデンブラウンなどのカラーを使うと良いでしょう。

    例えば、オレンジ×ゴールデンブラウンのアイシャドウに、コーラルピンクのチーク&リップなどがおすすめ。

    暗い色や青味の強い色は苦手なので、ダークブラウンのアイシャドウやブラウン系のリップ、青味ピンクのチークやリップは避けた方が良いでしょう。

    サマータイプ

    ブルーベースのソフトタイプで、夏のアジサイのような青味のあるパステルカラーが似合うサマータイプ。

    オレンジやベージュなどの、黄味の強いカラーは苦手です。

    秋メイクに使いたいのは、秋の果実を思わせるレッド系のカラー。具体的には、ローズやモーヴなどがおすすめです。

    アイシャドウの締め色には、ココアブラウンやピンクブラウンなどの、黄味がかっていないカラーを使いましょう。

    オータムタイプ

    イエローベースで、秋の紅葉を思わせる落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

    テラコッタやカーキ、ゴールド、ブラウンなどを使った秋メイクがおすすめです。

    例えば、ゴールドやブラウン系のアイシャドウにオレンジ系のチーク&リップなど。

    また、カーキなどの深みのあるグリーン系のアイシャドウや、ブラウン系レッド、ベージュ系のリップも似合います。

    スプリングタイプと同様に、青味の強いカラーは苦手なので避けましょう。

    ウィンタータイプ

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    黄味の強いカラーは苦手なので、秋メイクには黄味がかっていないレッド系のカラーを使うのがおすすめです。

    サマータイプと似ていますが、ウィンタータイプの場合は、よりはっきりとした鮮やかなカラーを選ぶと良いでしょう。

    具体的には、ボルドーやバーガンディー、ベリー系のレッドなどが似合います。

    ウィンタータイプは目力が強いので、アイシャドウは控えめにしてリップに鮮やかなカラーを使うなどして、バランスを取りましょう。

     

    いかがでしたか。パーソナルカラー別におすすめの秋メイクをご紹介しました。

    秋メイクのポイントは、温かみのあるカラーを使うこと。

    イエローベースならオレンジやブラウン系、ブルーベースならレッド系のカラーを取り入れるのがおすすめです。

    ぜひこれを参考に、自分らしい秋メイクを楽しんでくださいね!

    東京・パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン&スクール「ブラッシュアップStyle」


  • インスタグラムをスタートしました@パーソナルカラー東京

    東京・青山のパーソナルカラー診断&メイクレッスンサロン「TOMOKO YABUKI &ブラッシュアップStyle」のインスタグラムを作ってから、ずっと冬眠していましたがようやく再開しました。

    私のURLは https://www.instagram.com/yabuki.tomoko/

     

    こちらで随時、パーソナルカラー別のメイクの色やコーディネート情報、
    そしてサロンがある東京・青山の美味しいものやレストラン・ショップ情報を、情報を随時アップしていきたいと思っています。

    是非フォローしてくださいね。

    東京・青山 パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     


  • 似合うパーティードレスを選ぶ@パーソナルカラー

    この時期はブライダルシーズンですね。
    私の先日、友人の結婚式にお呼ばれされました。
    嬉しい反面、着ていくものを選ぶのも大変ですね。
    折角のパーティーですから、華やかな色ドレスを選んで式に花を添えたいですね。

    私はパーソナルカラーのスプリング。秋冬の時期に似合う色を見つけるのは本当に大変。
    でも自分の仕事柄、自分のパーソナルカラー以外の色を着ていく訳にもいかず
    頑張って探しました。私が選んだものはこちら。柔らかなコーラルピンクのワンピです。

    今日はパーソナルカラー別の結婚式用のパーティードレスをご紹介してみますね。

    パーソナルカラーとはお肌の色の瞳の色の調和から似合う色のグループを探すものです。
    パーソナルカラーって何と言う方はこちらを見て下さい⇒ パーソナルカラーとは

    まずはブルべ・ソフトの【サマー】

    定番の紺になりますが、華やかさを添えるならローズレッドのドレスです。
    そのほかに薄い桜色のピンクなども可愛いですよね。


    出典:BUYER

    次はイエベ・ソフトの【スプリング】
    私が着たような柔らかなコーラルピンクも着やすいですが、華やかにしたい場合はビビットなコールのドレスもおすすめです。


    出典:BUYER

    ブルべ・ハードの【ウィンター】
    ウィンターの方はロイヤルブルーのドレスなどは定番となりますが、アイシータイプ(パステルカラーに白を足してシャーベットカラーにしたもの)もとっても素敵。
    優しいイメージを出すことが出来ますよ。

    出典:BUYER

    最後はイエベ・ハードの【オータムの方】
    オータムの方は朱赤のドレスも素敵ですし、今回のようなシックなベージュグリーンもシックで素敵に着こなせます。このドレスは色がシックなので大きめのゴールドのアクセサリーをプラスすると華やかさアップです。


    出典:BUYER

    いかがでしたか?
    ドレスって見ているだけで楽しいですよね。普段着れない色もパーティーならば着れちゃいますので思い切って色を楽しんで下さいね。

    東京・青山 パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     


  • パーソナルカラー別!季節感のある秋色コーディネート

    暑さも落ち着き、秋ファッションが楽しめる気候になりましたね。毎日のコーデに季節感のあるカラーを取り入れていきたいところです。

    しかし、一口に「秋らしい色」と言ってもさまざまな種類があります。

    自分の肌に合わない色を選んでしまうと、顔色が悪く見えたり、老けて見えたりすることも…。自分のパーソナルカラーに合った秋色を使うことが大切です。

    今回はパーソナルカラー別におすすめの秋コーデをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    スプリングタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、春のお花畑のような華やかで明るいカラーが得意なスプリングタイプ。ダークトーンのカラーは苦手なので、秋を思わせるカラーの中でも、なるべく明るいトーンを選ぶようにしましょう。

    おすすめは、明るいベージュやクリーム色、オレンジなど。このようなスプリングタイプの得意カラーをトップスに使うと良いでしょう。

    こちらのようなベージュのニット×スカートのコーデは、落ち着いた色味ですが暗すぎず、程よい甘さもあるため、スプリングタイプの方にピッタリです。

    サマータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、夏のアジサイのような柔らかいパステルカラーが似合うサマータイプ。ブラウンやオレンジなどの、イエローベースの秋色は苦手です。

    サマータイプの秋コーデに使いたいのは、ブルーベースの落ち着いたカラーや、秋のフルーツを思わせる赤系・紫系のカラー。具体的には、グレーやネイビー、ラズベリー、プラムなどがおすすめです。

    淡いトーンでまとめると秋らしさが出ないので、くすんだカラーや落ち着いたカラーを取り入れると良いでしょう。

    オータムタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、秋の紅葉を思わせるこっくりとしたカラーが得意なオータムタイプ。ブラウンやオリーブ、レンガ色、パンプキンなどの、まさに秋らしいカラーが似合います。

    ただし、ブラウンなどのダークカラーだけでまとめると、コーディネートが地味になってしまうので要注意。マスタードやパンプキンなどの明るめのカラーを取り入れると、華やかな印象になりますよ。

    こちらの写真では、マスタードのトップスにブラックのスカート、ダークブラウンのバッグを合わせています。トップスが明るいので、他のアイテムがダークトーンでも地味になりすぎず、バランスの良いコーディネートになっていますね。

    ウィンタータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。サマータイプと同じく、黄味の強いカラーは苦手なので避けましょう。

    ウィンタータイプの秋コーデで使いたいのは、黒や白、グレー、レッド、パープルなど。サマータイプのおすすめカラーと似ていますが、ウィンタータイプは曖昧な中間色が苦手です。ぼやけた色やくすんだ色は避け、ビビッドなレッドやパープルを選ぶようにしましょう。

    また、得意カラーの黒と白を使ったモノトーンコーデもおすすめ。ニットなどの温かみのある素材を選ぶことで、モノトーンでも秋らしさを演出することができますよ。

     

    いかがでしたか。パーソナルカラー別に、秋のおすすめコーディネートをご紹介しました。

    「秋色」というとイエローベースのブラウンやオレンジなどを思い浮かべがちですが、ブルーベースの方に似合うカラーも多数あります。

    ぜひこれを参考に、自分らしい秋コーデを楽しんでくださいね。

    東京・青山 パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」