パーソナルカラー別!季節感のある秋色コーディネート

暑さも落ち着き、秋ファッションが楽しめる気候になりましたね。毎日のコーデに季節感のあるカラーを取り入れていきたいところです。

しかし、一口に「秋らしい色」と言ってもさまざまな種類があります。

自分の肌に合わない色を選んでしまうと、顔色が悪く見えたり、老けて見えたりすることも…。自分のパーソナルカラーに合った秋色を使うことが大切です。

今回はパーソナルカラー別におすすめの秋コーデをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スプリングタイプ


出典:WEAR

イエローベースで、春のお花畑のような華やかで明るいカラーが得意なスプリングタイプ。ダークトーンのカラーは苦手なので、秋を思わせるカラーの中でも、なるべく明るいトーンを選ぶようにしましょう。

おすすめは、明るいベージュやクリーム色、オレンジなど。このようなスプリングタイプの得意カラーをトップスに使うと良いでしょう。

こちらのようなベージュのニット×スカートのコーデは、落ち着いた色味ですが暗すぎず、程よい甘さもあるため、スプリングタイプの方にピッタリです。

サマータイプ


出典:WEAR

ブルーベースで、夏のアジサイのような柔らかいパステルカラーが似合うサマータイプ。ブラウンやオレンジなどの、イエローベースの秋色は苦手です。

サマータイプの秋コーデに使いたいのは、ブルーベースの落ち着いたカラーや、秋のフルーツを思わせる赤系・紫系のカラー。具体的には、グレーやネイビー、ラズベリー、プラムなどがおすすめです。

淡いトーンでまとめると秋らしさが出ないので、くすんだカラーや落ち着いたカラーを取り入れると良いでしょう。

オータムタイプ


出典:WEAR

イエローベースで、秋の紅葉を思わせるこっくりとしたカラーが得意なオータムタイプ。ブラウンやオリーブ、レンガ色、パンプキンなどの、まさに秋らしいカラーが似合います。

ただし、ブラウンなどのダークカラーだけでまとめると、コーディネートが地味になってしまうので要注意。マスタードやパンプキンなどの明るめのカラーを取り入れると、華やかな印象になりますよ。

こちらの写真では、マスタードのトップスにブラックのスカート、ダークブラウンのバッグを合わせています。トップスが明るいので、他のアイテムがダークトーンでも地味になりすぎず、バランスの良いコーディネートになっていますね。

ウィンタータイプ


出典:WEAR

ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。サマータイプと同じく、黄味の強いカラーは苦手なので避けましょう。

ウィンタータイプの秋コーデで使いたいのは、黒や白、グレー、レッド、パープルなど。サマータイプのおすすめカラーと似ていますが、ウィンタータイプは曖昧な中間色が苦手です。ぼやけた色やくすんだ色は避け、ビビッドなレッドやパープルを選ぶようにしましょう。

また、得意カラーの黒と白を使ったモノトーンコーデもおすすめ。ニットなどの温かみのある素材を選ぶことで、モノトーンでも秋らしさを演出することができますよ。

 

いかがでしたか。パーソナルカラー別に、秋のおすすめコーディネートをご紹介しました。

「秋色」というとイエローベースのブラウンやオレンジなどを思い浮かべがちですが、ブルーベースの方に似合うカラーも多数あります。

ぜひこれを参考に、自分らしい秋コーデを楽しんでくださいね。

東京・青山 パーソナルカラー診断&メイクレッスン
サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」