パーソナルカラー別!夏のおすすめコーディネート

梅雨が明ければいよいよ夏本番!

夏らしいファッションを思いっきり楽しみたいですよね。

そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介します。

パーソナルカラーって何という方はこちらをご覧くださいね。⇒パーソナルカラーとは

スプリングタイプ:明るく軽やかなカラーでまとめて爽やかに


出典:WEAR

イエローベースで、くすみのない明るい肌を持っているスプリングタイプ。

黄色やオレンジ、コーラルピンクなどの、春のお花畑を思わせるカラーがよく似合います。

ベーシックカラーは、明るいベージュやクリームアイボリーなどがおすすめ。

こちらのような黄色×クリームアイボリーの組み合わせは、スプリングタイプの得意カラーを使いつつ、夏らしさを演出した爽やかなコーデですね。

ふんわりとしたトップスのデザインも、キュートな印象を持つスプリングタイプにマッチしています。

サマータイプ:涼しげな得意カラーを主役に使おう


出典:WEAR

ブルーベースで、上品で柔らかい印象のサマータイプ。

水色やラベンダーなどの、青味のあるやさしいパステルカラーがよく似合います。

爽やかで涼しげなカラーが得意なので、夏らしいコーデが作りやすいですよ。

こちらの写真は、淡いラベンダーのワンピースをサラリと1枚で着こなしたコーデ。

サンダルやブレスレットに使われているシルバーも、ブルーベースのサマータイプに似合うカラーです。

さらに帽子やカゴバッグを取り入れることで、より夏らしさを演出していますね。

オータムタイプ:色の組み合わせや素材を工夫して夏らしく


出典:WEAR

イエローベースで、落ち着いた印象を持つオータムタイプ。

ブラウンやカーキ、辛子色、レンガ色など、深みのある暖かなカラーが得意です。

どれも秋冬の印象が強いカラーなので、夏のコーデにお悩みの方も多いかもしれません。

ですが、色の組み合わせや素材などに気を付ければ、落ち着いたカラーを使っても夏らしいコーデになります。

こちらのように、ブラウンのトップスでもホワイトのパンツと合わせれば重すぎず軽やかな印象に。

また、適度に肌見せをしたり、涼しげな素材を選んだりするのもポイントです。

ウィンタータイプ:コントラストを意識したコーデに


出典:WEAR

ブルーベースで、クールでシャープな印象を持つウィンタータイプ。

ブラックやホワイト、レッド、ロイヤルブルーなどのハードなカラー、または薄くて明るいアイシーカラーが似合います。

曖昧な中間色は苦手なので要注意。コントラストのはっきりしたコーデを意識すると良いでしょう。

鮮やかなカラーが得意なので、こちらのようなワンピース1枚のシンプルコーデでも、華やかな印象に仕上がります。

ホワイトの小物を合わせてコントラストを作っているのもポイント。ブルー×ホワイトは夏らしい爽やかな組み合わせです。

または、アイシーカラーを主役にして、ブラックの小物を合わせたコーデなども良いですね。

 

いかがでしたか。

パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介しました。

夏っぽいカラーというとブルーや水色などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、それ以外のカラーでも十分夏らしいコーデを楽しむことができます。

自分に合ったカラーを使って、夏のファッションを楽しんでくださいね!

東京・青山パーソナルカラー&メイクレッスン
サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」