パーソナルカラー別!似合うスーツの選び方

ビジネスシーンや子どもの学校行事などで着る機会が多いスーツ。

「定番色の黒しか持っていない…」なんて方も多いのではないでしょうか。

確かにスーツといえば黒が定番ではありますが、パーソナルカラーによっては似合わないことも。

普段のファッションと同じように、スーツも自分のパーソナルカラーに合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、パーソナルカラー別に似合うスーツの色をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

スプリングタイプ


出典:WEAR

イエローベースで明るくクリアなカラーが得意なスプリングタイプには、ベージュのスーツがおすすめ。

ホワイト系のインナーと合わせて、明るく爽やかなコーデに仕上げると良いでしょう。

スーツの定番色である黒やネイビーは、スプリングタイプが苦手なカラーです。

ダークトーンのスーツを着る場合は、クリームアイボリーなどのスプリングタイプが得意な明るいカラーをインナーに使うと良いでしょう。

顔周りに得意なカラーを使うことで、顔色が良く見えるようになりますよ。

サマータイプ


出典:WEAR

ブルーベースで、パステルカラーやくすみのあるソフトなカラーが似合うサマータイプ。

おすすめのスーツの色は、ネイビーやグレーです。

きちんとしたイメージにしたいときはネイビー、親しみやすい雰囲気にしたい場合は明るいグレーがおすすめ。

インナーは、オフホワイトや水色、ラベンダー、青味のあるピンクなどを選ぶと良いでしょう。

オータムタイプ


出典:WEAR

イエローベースで、温かみのある落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

最もおすすめなのは、得意カラーであるブラウンのスーツです。ですが、ビジネスシーンでは使いにくいことも…。

どうしても黒のスーツを着用しなければならない場合もあると思います。

そんなときは、ブラウスをアイボリーにしてバックをブラウンに、メイクでテラコッタカラーのチークやリップを使うなどして、コーディネートに温かみをプラスすると良いでしょう。

ウィンタータイプ


出典:WEAR

ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

実は「真っ白」と「真っ黒」が得意なのはウィンタータイプだけ。

ウィンタータイプには、黒のスーツに白のインナーを合わせたモノトーンコーデが特におすすめです。

シャープでクールな印象を持つウィンタータイプの魅力が引き立ちます。

 

いかがでしたか。

パーソナルカラー別におすすめのスーツの色をご紹介しました。

同じデザインのスーツでも、色を変えるだけで印象がガラリと変わることもあります。

スーツの色が自由に選べない場合は、インナーや小物で全体の印象を調整すると良いでしょう。

色選びを工夫して、自分らしさを活かしたスーツコーディネートを楽しんでくださいね。

東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」