• パーソナルカラー別!季節感のある秋色コーディネート

    暑さも落ち着き、秋ファッションが楽しめる気候になりましたね。毎日のコーデに季節感のあるカラーを取り入れていきたいところです。

    しかし、一口に「秋らしい色」と言ってもさまざまな種類があります。

    自分の肌に合わない色を選んでしまうと、顔色が悪く見えたり、老けて見えたりすることも…。自分のパーソナルカラーに合った秋色を使うことが大切です。

    今回はパーソナルカラー別におすすめの秋コーデをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    スプリングタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、春のお花畑のような華やかで明るいカラーが得意なスプリングタイプ。ダークトーンのカラーは苦手なので、秋を思わせるカラーの中でも、なるべく明るいトーンを選ぶようにしましょう。

    おすすめは、明るいベージュやクリーム色、オレンジなど。このようなスプリングタイプの得意カラーをトップスに使うと良いでしょう。

    こちらのようなベージュのニット×スカートのコーデは、落ち着いた色味ですが暗すぎず、程よい甘さもあるため、スプリングタイプの方にピッタリです。

    サマータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、夏のアジサイのような柔らかいパステルカラーが似合うサマータイプ。ブラウンやオレンジなどの、イエローベースの秋色は苦手です。

    サマータイプの秋コーデに使いたいのは、ブルーベースの落ち着いたカラーや、秋のフルーツを思わせる赤系・紫系のカラー。具体的には、グレーやネイビー、ラズベリー、プラムなどがおすすめです。

    淡いトーンでまとめると秋らしさが出ないので、くすんだカラーや落ち着いたカラーを取り入れると良いでしょう。

    オータムタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、秋の紅葉を思わせるこっくりとしたカラーが得意なオータムタイプ。ブラウンやオリーブ、レンガ色、パンプキンなどの、まさに秋らしいカラーが似合います。

    ただし、ブラウンなどのダークカラーだけでまとめると、コーディネートが地味になってしまうので要注意。マスタードやパンプキンなどの明るめのカラーを取り入れると、華やかな印象になりますよ。

    こちらの写真では、マスタードのトップスにブラックのスカート、ダークブラウンのバッグを合わせています。トップスが明るいので、他のアイテムがダークトーンでも地味になりすぎず、バランスの良いコーディネートになっていますね。

    ウィンタータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。サマータイプと同じく、黄味の強いカラーは苦手なので避けましょう。

    ウィンタータイプの秋コーデで使いたいのは、黒や白、グレー、レッド、パープルなど。サマータイプのおすすめカラーと似ていますが、ウィンタータイプは曖昧な中間色が苦手です。ぼやけた色やくすんだ色は避け、ビビッドなレッドやパープルを選ぶようにしましょう。

    また、得意カラーの黒と白を使ったモノトーンコーデもおすすめ。ニットなどの温かみのある素材を選ぶことで、モノトーンでも秋らしさを演出することができますよ。

     

    いかがでしたか。パーソナルカラー別に、秋のおすすめコーディネートをご紹介しました。

    「秋色」というとイエローベースのブラウンやオレンジなどを思い浮かべがちですが、ブルーベースの方に似合うカラーも多数あります。

    ぜひこれを参考に、自分らしい秋コーデを楽しんでくださいね。

    東京・青山 パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     


  • パーソナルカラー別!似合うスーツの選び方

    ビジネスシーンや子どもの学校行事などで着る機会が多いスーツ。

    「定番色の黒しか持っていない…」なんて方も多いのではないでしょうか。

    確かにスーツといえば黒が定番ではありますが、パーソナルカラーによっては似合わないことも。

    普段のファッションと同じように、スーツも自分のパーソナルカラーに合わせて選ぶことが大切です。

    そこで今回は、パーソナルカラー別に似合うスーツの色をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

    スプリングタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで明るくクリアなカラーが得意なスプリングタイプには、ベージュのスーツがおすすめ。

    ホワイト系のインナーと合わせて、明るく爽やかなコーデに仕上げると良いでしょう。

    スーツの定番色である黒やネイビーは、スプリングタイプが苦手なカラーです。

    ダークトーンのスーツを着る場合は、クリームアイボリーなどのスプリングタイプが得意な明るいカラーをインナーに使うと良いでしょう。

    顔周りに得意なカラーを使うことで、顔色が良く見えるようになりますよ。

    サマータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、パステルカラーやくすみのあるソフトなカラーが似合うサマータイプ。

    おすすめのスーツの色は、ネイビーやグレーです。

    きちんとしたイメージにしたいときはネイビー、親しみやすい雰囲気にしたい場合は明るいグレーがおすすめ。

    インナーは、オフホワイトや水色、ラベンダー、青味のあるピンクなどを選ぶと良いでしょう。

    オータムタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、温かみのある落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

    最もおすすめなのは、得意カラーであるブラウンのスーツです。ですが、ビジネスシーンでは使いにくいことも…。

    どうしても黒のスーツを着用しなければならない場合もあると思います。

    そんなときは、ブラウスをアイボリーにしてバックをブラウンに、メイクでテラコッタカラーのチークやリップを使うなどして、コーディネートに温かみをプラスすると良いでしょう。

    ウィンタータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    実は「真っ白」と「真っ黒」が得意なのはウィンタータイプだけ。

    ウィンタータイプには、黒のスーツに白のインナーを合わせたモノトーンコーデが特におすすめです。

    シャープでクールな印象を持つウィンタータイプの魅力が引き立ちます。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別におすすめのスーツの色をご紹介しました。

    同じデザインのスーツでも、色を変えるだけで印象がガラリと変わることもあります。

    スーツの色が自由に選べない場合は、インナーや小物で全体の印象を調整すると良いでしょう。

    色選びを工夫して、自分らしさを活かしたスーツコーディネートを楽しんでくださいね。

    東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」


  • パーソナルカラー別!夏のおすすめ浴衣コーデ

    夏と言えば花火大会!

    せっかくなら、自分に似合う浴衣を着て楽しみたいですよね。

    そこで今回は、パーソナルカラ―別におすすめの浴衣コーデをご紹介します。

    スプリングタイプ


    出典:WEAR

    イエローベースで、明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    イエローやコーラルピンク、オレンジなどのフレッシュなカラーが得意で、キュートな雰囲気を持っています。

    こちらのような女の子らしいピンク色の浴衣は、スプリングタイプにピッタリのデザイン。

    淡い色の浴衣ですが、帯に濃い色を使っているため、ぼんやりせずバランスの良いコーデになっています。

    サマータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、ソフトでやさしいカラーが似合うサマータイプ。

    水色やラベンダー、明るいネイビーなどの涼し気なカラーが得意です。

    こちらの浴衣は、白地にネイビーのお花をあしらったデザイン。

    帯にもサマータイプの得意カラーであるラベンダーを使っています。

    サマータイプらしい上品で爽やかなコーデです。

    オータムタイプ


    出典:WEAR

    深みのある落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

    ブラウンや辛子色、モスグリーンなどが得意なカラーです。

    こちらの浴衣は、辛子色をベースにした大人っぽいデザイン。

    えんじ色の帯がアクセントになっていますね。

    落ち着いたカラーですが大胆な柄が使われているので、地味にならず華やかな印象に仕上がっています。

    ウィンタータイプ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    レッドやロイヤルブルーなどのビビッドカラー、ブラック、ホワイトなどが得意です。

    デザインは、モダンな柄やインパクトのある柄がおすすめ。

    こちらのようなモノトーンにレッドの差し色を加えた浴衣は、ウィンタータイプにピッタリです。

    麻の葉文様も、ウィンタータイプが持つシャープでクールなイメージに合っていますね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別におすすめの浴衣コーデをご紹介しました。

    浴衣は素敵なデザインがたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

    パーソナルカラーを基準に選べば、似合うデザインが見つけやすいですよ。

    自分にピッタリの浴衣を着て、夏を満喫しましょう!

    東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン&スクール「ブラッシュアップStyle」


  • パーソナルカラー別!夏のおすすめコーディネート

    梅雨が明ければいよいよ夏本番!

    夏らしいファッションを思いっきり楽しみたいですよね。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介します。

    パーソナルカラーって何という方はこちらをご覧くださいね。⇒パーソナルカラーとは

    スプリングタイプ:明るく軽やかなカラーでまとめて爽やかに


    出典:WEAR

    イエローベースで、くすみのない明るい肌を持っているスプリングタイプ。

    黄色やオレンジ、コーラルピンクなどの、春のお花畑を思わせるカラーがよく似合います。

    ベーシックカラーは、明るいベージュやクリームアイボリーなどがおすすめ。

    こちらのような黄色×クリームアイボリーの組み合わせは、スプリングタイプの得意カラーを使いつつ、夏らしさを演出した爽やかなコーデですね。

    ふんわりとしたトップスのデザインも、キュートな印象を持つスプリングタイプにマッチしています。

    サマータイプ:涼しげな得意カラーを主役に使おう


    出典:WEAR

    ブルーベースで、上品で柔らかい印象のサマータイプ。

    水色やラベンダーなどの、青味のあるやさしいパステルカラーがよく似合います。

    爽やかで涼しげなカラーが得意なので、夏らしいコーデが作りやすいですよ。

    こちらの写真は、淡いラベンダーのワンピースをサラリと1枚で着こなしたコーデ。

    サンダルやブレスレットに使われているシルバーも、ブルーベースのサマータイプに似合うカラーです。

    さらに帽子やカゴバッグを取り入れることで、より夏らしさを演出していますね。

    オータムタイプ:色の組み合わせや素材を工夫して夏らしく


    出典:WEAR

    イエローベースで、落ち着いた印象を持つオータムタイプ。

    ブラウンやカーキ、辛子色、レンガ色など、深みのある暖かなカラーが得意です。

    どれも秋冬の印象が強いカラーなので、夏のコーデにお悩みの方も多いかもしれません。

    ですが、色の組み合わせや素材などに気を付ければ、落ち着いたカラーを使っても夏らしいコーデになります。

    こちらのように、ブラウンのトップスでもホワイトのパンツと合わせれば重すぎず軽やかな印象に。

    また、適度に肌見せをしたり、涼しげな素材を選んだりするのもポイントです。

    ウィンタータイプ:コントラストを意識したコーデに


    出典:WEAR

    ブルーベースで、クールでシャープな印象を持つウィンタータイプ。

    ブラックやホワイト、レッド、ロイヤルブルーなどのハードなカラー、または薄くて明るいアイシーカラーが似合います。

    曖昧な中間色は苦手なので要注意。コントラストのはっきりしたコーデを意識すると良いでしょう。

    鮮やかなカラーが得意なので、こちらのようなワンピース1枚のシンプルコーデでも、華やかな印象に仕上がります。

    ホワイトの小物を合わせてコントラストを作っているのもポイント。ブルー×ホワイトは夏らしい爽やかな組み合わせです。

    または、アイシーカラーを主役にして、ブラックの小物を合わせたコーデなども良いですね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介しました。

    夏っぽいカラーというとブルーや水色などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、それ以外のカラーでも十分夏らしいコーデを楽しむことができます。

    自分に合ったカラーを使って、夏のファッションを楽しんでくださいね!

    東京・青山パーソナルカラー&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     

     


  • パーソナルカラー別!おすすめの梅雨コーデ

    そろそろ梅雨入りが近づいてきましたね。

    ジメジメとした日が続く梅雨の時期は、憂鬱な気分になりがちです。

    また、季節の変わり目で朝晩と日中の温度差もあるため、「どんな服を着ればいいか分からない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの梅雨コーデをご紹介します。

    自分に合ったファッションを取り入れて、憂鬱な梅雨を乗り切りましょう!

    梅雨のコーデのポイントは?


    基本的に日中は半袖で過ごせることが多いですが、朝晩は肌寒くなることも。

    また、屋内では冷房が効いていることが多いため、体が冷えてしまうこともあります。

    そのため、梅雨の時期は温度調節ができる半袖+羽織ものといったコーデがおすすめです。

    また、雨の日が多く湿度が高いため、熱がこもって不快感を感じることも。

    そんなときは、通気性の良いリネン(麻)の服や、衣服と肌の間に風が通るゆとりのあるデザインの服を着ると、快適に過ごすことができますよ。

    上記のポイントを押さえたうえで、自分のパーソナルカラーに合った服を選んでみましょう。

    スプリングタイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    イエローベースで、明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    サーモンピンクやイエロー、明るいオレンジなどのカラーを顔周りに使うのがおすすめです。

    こちらのコーデでは、ホワイトのトップス、ベージュのパンツに、ピンクのロングカーディガンをプラス。

    見た目も涼しげなレースのカーディガンは、ムシムシとした梅雨の時期にピッタリです。

    サマータイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、やさしく上品な印象をもつサマータイプ。

    梅雨の紫陽花を思わせる、青みのあるパステルカラーがよく似合います。

    こちらは、淡い水色のトップス&カーディガンに白のスカートを合わせたコーデ。

    サマータイプらしい上品でエレガントな雰囲気を演出できますよ。

    オータムタイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    イエローベースで、深みのある落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

    ブラウンやカーキ、レンガ色、辛子色などが得意なカラーです。

    こちらのコーデでは、ドット柄のロングワンピースに、得意カラーであるカーキのマウンテンパーカーをプラス。

    ゆったりとしたワンピースなので、湿度の高い梅雨の時期でも快適に過ごせます。

    ウィンタータイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    ビビッドカラーや混じり気のない黒や白、淡いシャーベットカラーなどが得意です。

    こちらは、真っ白なVネックTシャツとモノトーンのストライプシャツに、デニムスカートを合わせたコーデ。

    足元はブラックのレインシューズなので、雨の日でも快適です。

    このようなショート丈のレインシューズなら普段使いしやすいですね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別に、おすすめの梅雨コーデをご紹介しました。

    憂鬱になりがちな梅雨ですが、自分に似合う服を着ればテンションが上がるはず。

    おしゃれを楽しみながら梅雨を乗り切りましょう!