• パーソナルカラー別!夏のおすすめコーディネート

    梅雨が明ければいよいよ夏本番!

    夏らしいファッションを思いっきり楽しみたいですよね。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介します。

    パーソナルカラーって何という方はこちらをご覧くださいね。⇒パーソナルカラーとは

    スプリングタイプ:明るく軽やかなカラーでまとめて爽やかに


    出典:WEAR

    イエローベースで、くすみのない明るい肌を持っているスプリングタイプ。

    黄色やオレンジ、コーラルピンクなどの、春のお花畑を思わせるカラーがよく似合います。

    ベーシックカラーは、明るいベージュやクリームアイボリーなどがおすすめ。

    こちらのような黄色×クリームアイボリーの組み合わせは、スプリングタイプの得意カラーを使いつつ、夏らしさを演出した爽やかなコーデですね。

    ふんわりとしたトップスのデザインも、キュートな印象を持つスプリングタイプにマッチしています。

    サマータイプ:涼しげな得意カラーを主役に使おう


    出典:WEAR

    ブルーベースで、上品で柔らかい印象のサマータイプ。

    水色やラベンダーなどの、青味のあるやさしいパステルカラーがよく似合います。

    爽やかで涼しげなカラーが得意なので、夏らしいコーデが作りやすいですよ。

    こちらの写真は、淡いラベンダーのワンピースをサラリと1枚で着こなしたコーデ。

    サンダルやブレスレットに使われているシルバーも、ブルーベースのサマータイプに似合うカラーです。

    さらに帽子やカゴバッグを取り入れることで、より夏らしさを演出していますね。

    オータムタイプ:色の組み合わせや素材を工夫して夏らしく


    出典:WEAR

    イエローベースで、落ち着いた印象を持つオータムタイプ。

    ブラウンやカーキ、辛子色、レンガ色など、深みのある暖かなカラーが得意です。

    どれも秋冬の印象が強いカラーなので、夏のコーデにお悩みの方も多いかもしれません。

    ですが、色の組み合わせや素材などに気を付ければ、落ち着いたカラーを使っても夏らしいコーデになります。

    こちらのように、ブラウンのトップスでもホワイトのパンツと合わせれば重すぎず軽やかな印象に。

    また、適度に肌見せをしたり、涼しげな素材を選んだりするのもポイントです。

    ウィンタータイプ:コントラストを意識したコーデに


    出典:WEAR

    ブルーベースで、クールでシャープな印象を持つウィンタータイプ。

    ブラックやホワイト、レッド、ロイヤルブルーなどのハードなカラー、または薄くて明るいアイシーカラーが似合います。

    曖昧な中間色は苦手なので要注意。コントラストのはっきりしたコーデを意識すると良いでしょう。

    鮮やかなカラーが得意なので、こちらのようなワンピース1枚のシンプルコーデでも、華やかな印象に仕上がります。

    ホワイトの小物を合わせてコントラストを作っているのもポイント。ブルー×ホワイトは夏らしい爽やかな組み合わせです。

    または、アイシーカラーを主役にして、ブラックの小物を合わせたコーデなども良いですね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別におすすめの夏コーデをご紹介しました。

    夏っぽいカラーというとブルーや水色などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、それ以外のカラーでも十分夏らしいコーデを楽しむことができます。

    自分に合ったカラーを使って、夏のファッションを楽しんでくださいね!

    東京・青山パーソナルカラー&メイクレッスン
    サロン・スクール「ブラッシュアップStyle」

     

     

     


  • パーソナルカラー別!おすすめの梅雨コーデ

    そろそろ梅雨入りが近づいてきましたね。

    ジメジメとした日が続く梅雨の時期は、憂鬱な気分になりがちです。

    また、季節の変わり目で朝晩と日中の温度差もあるため、「どんな服を着ればいいか分からない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの梅雨コーデをご紹介します。

    自分に合ったファッションを取り入れて、憂鬱な梅雨を乗り切りましょう!

    梅雨のコーデのポイントは?


    基本的に日中は半袖で過ごせることが多いですが、朝晩は肌寒くなることも。

    また、屋内では冷房が効いていることが多いため、体が冷えてしまうこともあります。

    そのため、梅雨の時期は温度調節ができる半袖+羽織ものといったコーデがおすすめです。

    また、雨の日が多く湿度が高いため、熱がこもって不快感を感じることも。

    そんなときは、通気性の良いリネン(麻)の服や、衣服と肌の間に風が通るゆとりのあるデザインの服を着ると、快適に過ごすことができますよ。

    上記のポイントを押さえたうえで、自分のパーソナルカラーに合った服を選んでみましょう。

    スプリングタイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    イエローベースで、明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    サーモンピンクやイエロー、明るいオレンジなどのカラーを顔周りに使うのがおすすめです。

    こちらのコーデでは、ホワイトのトップス、ベージュのパンツに、ピンクのロングカーディガンをプラス。

    見た目も涼しげなレースのカーディガンは、ムシムシとした梅雨の時期にピッタリです。

    サマータイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、やさしく上品な印象をもつサマータイプ。

    梅雨の紫陽花を思わせる、青みのあるパステルカラーがよく似合います。

    こちらは、淡い水色のトップス&カーディガンに白のスカートを合わせたコーデ。

    サマータイプらしい上品でエレガントな雰囲気を演出できますよ。

    オータムタイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    イエローベースで、深みのある落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。

    ブラウンやカーキ、レンガ色、辛子色などが得意なカラーです。

    こちらのコーデでは、ドット柄のロングワンピースに、得意カラーであるカーキのマウンテンパーカーをプラス。

    ゆったりとしたワンピースなので、湿度の高い梅雨の時期でも快適に過ごせます。

    ウィンタータイプの梅雨コーデ


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    ビビッドカラーや混じり気のない黒や白、淡いシャーベットカラーなどが得意です。

    こちらは、真っ白なVネックTシャツとモノトーンのストライプシャツに、デニムスカートを合わせたコーデ。

    足元はブラックのレインシューズなので、雨の日でも快適です。

    このようなショート丈のレインシューズなら普段使いしやすいですね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別に、おすすめの梅雨コーデをご紹介しました。

    憂鬱になりがちな梅雨ですが、自分に似合う服を着ればテンションが上がるはず。

    おしゃれを楽しみながら梅雨を乗り切りましょう!


  • パーソナルカラー別!おすすめの春色コーデ♪

    だんだんと暖かくなり、春らしいファッションが楽しめる季節になりましたね。

    でも、中には「自分のパーソナルカラーだと春らしい色が似合わないのでは…?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

    もちろん、パーソナルカラーによって似合う色は異なりますが、春らしいファッションが楽しめない、なんてことはありません!

    ポイントさえ押さえれば、誰でも自分に似合う春ファッションを楽しむことができますよ。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの春色コーデをご紹介します。

    スプリングタイプ:ピンクやイエローなど、春らしいカラーがピッタリ!


    出典:WEAR

    イエローベースの明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    コーラルピンクや明るいオレンジ、イエロー、ライトグリーンなど、春らしいカラーが特に得意なタイプです。

    そのため、春コーデにはあまり困らないと思いますが、明るいカラーの中でもブルー系は避けるようにしましょう。

    また、得意なカラーは顔周りに持ってくるのがポイント。

    トップスに春色を使用して、ボトムスやアウターに明るいベージュなどのベーシックカラーを使うのがおすすめです。

    サマータイプ:水色やラベンダーなど、ブルー系のパステルカラーをトップスに


    出典:WEAR

    ブルーベースのソフトなカラーが似合うサマータイプ。

    水色やラベンダーなどの、ブルー系のパステルカラーをトップスに使うのがおすすめです。

    そのほか、青みのあるローズピンクもサマータイプの方に似合います。

    合わせるベーシックカラーは、オフホワイトやライトグレーなどがおすすめ。

    春らしさを演出しつつ、サマータイプらしい上品なコーデに仕上がりますよ。

    オータムタイプ:生成りやベージュをトップスに使うのがおすすめ


    出典:WEAR

    秋の紅葉を思わせるこっくりとしたカラーが似合うオータムタイプ。

    春らしいパステルカラーは苦手な傾向にあります。

    おすすめなのは、生成りやベージュといった明るめのベーシックカラーをトップスに使うこと。

    顔周りが明るいので、ボトムスに落ち着いたカラーを使っても、重すぎず春らしいコーデに仕上がります。

    また、オータムタイプはゴールドも似合うので、顔周りにゴールド系のアクセサリーを取り入れて華やかさをプラスするのもおすすめです。

    ウィンタータイプ:淡い色×濃い色でコントラストをつくるのがポイント


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    アイシーブルーやアイシーピンクなどのトップスに濃い色のボトムスを合わせて、コントラストのあるコーデに仕上げるのがおすすめです。

    ただし、曖昧な中間色は苦手なので、スプリングタイプやサマータイプに似合うパステルカラーを使うのは避けましょう。

    より明度が高い、アイシーカラーを選ぶのがポイントです。

    または、ホワイトのトップスにチェリーピンクのボトムスを合わせたコーデなども良いですね。

     

    いかがでしたか。

    パーソナルカラー別に、おすすめの春色コーデをご紹介しました。

    好きなカラーやトレンドカラーを使うのも良いですが、自分のパーソナルカラーに合わせて色選びをすると、より魅力的なコーデに仕上がりますよ。

    ぜひこれを参考に、春のファッションを楽しんでくださいね!

    東京・パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン&スクール「ブラッシュアップStyle」


  • 自分に似合うベーシックカラーを知ろう!@パーソナルカラー

    白・黒・グレー・ネイビー・ベージュ・ブラウンといったベーシックカラー。

    コーディネートの基本となる使いやすいカラーなので、「服の色選びに迷ったらとりあえずベーシックカラーを使う」という方も多いのではないでしょうか。

    しかし、パーソナルカラーによって、似合うベーシックカラーはそれぞれ異なります。

    自分に似合うベーシックカラーを知ることで、より魅力的なコーディネートが作れるようになりますよ。

    今回はパーソナルカラー別に似合うベーシックカラーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    スプリングタイプ:明るいベージュやブラウン


    出典:WEAR

    イエローベースで、明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。

    ベーシックカラーは、明るいベージュやブラウンがおすすめです。

    白を使う場合は、黄色味のあるアイボリーホワイトを選ぶと良いでしょう。

    苦手なカラーは黒やダークネイビー。使いたい場合は、青味が強すぎない、明るくクリアなネイビーを選ぶようにしましょう。

    サマータイプ:ネイビーやブルーグレー


    出典:WEAR

    ブルーベースで、ソフトなカラーが似合うサマータイプ。

    おすすめのベーシックカラーは、ネイビーや青味のあるブルーグレーです。

    白を使う場合は、真っ白ではなく、少し色味のあるオフホワイトを選ぶと良いでしょう。

    苦手なカラーは黒やベージュ、ブラウン。ただし、黄色味の少ないピンクベージュやローズブラウンなら、サマータイプの方にも似合います。

    オータムタイプ:暗めのベージュやブラウン


    出典:WEAR

    イエローベースで、深みのあるカラーが得意なオータムタイプ。

    スプリングタイプと同じく、ベージュやブラウンのベーシックカラーが似合います。

    ただし、キャメルやダークブラウンなど、スプリングタイプよりも暗めのカラーを選ぶと良いでしょう。

    白を使う場合は、黄色味の強い生成り色がおすすめです。

    苦手なカラーはグレーやネイビー。使いたい場合は、緑味を帯びたネイビーを選びましょう。

    ウィンタータイプ:黒・白・グレー・ネイビー


    出典:WEAR

    ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

    黒や真っ白が似合う、唯一のタイプとなります。

    そのほか、サマータイプと同じくネイビーやグレーもおすすめです。

    ただし、曖昧な中間色は苦手なので、黒に近いダークネイビーやダークグレー、あるいは淡いアイシーグレーなどを選ぶと良いでしょう。

    避けた方が良いのはベージュやブラウン。使いたい場合は、黄味の少ないグレージュや、黒に近いブラウンを選びましょう。

     

    いかがでしたか?

    パーソナルカラー別に、似合うベーシックカラーをご紹介しました。

    基本的には、イエローベースならベージュやブラウン、ブルーベースならネイビーやグレーを選ぶと良いでしょう。

    また、苦手なカラーでも色味を工夫すれば似合うこともあります。

    自分に合ったベーシックカラーを使って、コーディネートを楽しんでくださいね。

    東京・表参道
    パーソナルカラー診断&メイクレッスンサロン
    ブラッシュアップStyle


  • パーソナルカラー別!おすすめの色の組み合わせ

    こんにちは。

    皆さん、パーソナルカラー別に似合う色があることはご存知だと思います。

    でも、似合う色を1色知っているだけでは、うまくコーディネートができないですよね。

    そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの色の組み合わせをご紹介します。

    押さえておきたい!コーデのポイント


    出典:WEAR

    パーソナルカラー別のおすすめを紹介する前に、まずはどのタイプにも共通する、コーデのポイントについて説明します。

    一つ目のポイントは、顔周りにパーソナルカラーを持ってくること。こうすることで、お顔がパッと明るく見え、生き生きとした印象に見せることができます。

    二つ目のポイントは、ベーシックカラーを取り入れること。例えば、ピンク×オレンジでは派手な印象になってしまいますが、ベージュなどのベーシックカラーを合わせることで、派手すぎずまとまりのあるコーデに仕上がります。

    三つ目のポイントは、苦手なカラーは小物で使うこと。苦手なカラーを顔周りに持ってきたり、コーデのメインにしたりするのは避けましょう。顔色が悪く見えてしまいます。

    ですが、苦手なカラーの小物を、差し色として使用するのはアリ。同系色だけだと単調なコーデになりがちですが、アクセントとして異なるタイプの色を加えることで、ワンランク上の印象的なコーデに仕上がります。

    また、小物以外でも、顔から離れたボトムなら苦手なカラーを使ってもOKです。

    それではここからは、パーソナルカラー別におすすめの色の組み合わせをご紹介します。

    明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ


    出典:WEAR

    スプリングタイプは、「イエローベース・イエベ」の「ソフト」タイプ。イエローやオレンジ、コーラルピンク、グリーンなどの、イエローベースで明るいカラーをトップスに使いましょう。

    アウターやボトムで使いたいベーシックカラーは、アイボリーやベージュ、キャメル、明るいブラウンなどがおすすめです。

    苦手なのは、青味の強いカラーや濁ったカラー。トップスには使わないようにしましょう。

    青みのあるパステルカラーが似合うサマータイプ


    出典:WEAR

    サマータイプは、「ブルーベース・ブルべ」の「ソフト」タイプ。アジサイを思わせるような、青味のある淡いカラーが似合います。顔周りには、ラベンダーやスカイブルー、ローズピンクなどを使うのがおすすめです。

    合わせたいベーシックカラーは、ホワイトやグレー、ネイビー。イエローベースのベージュやブラウンを使いたい場合は、ピンクをかぶせたようなローズベージュ、ローズブラウンを選びましょう。

    苦手なのは、オレンジなどの黄味の強いカラー。顔色が沈んで見えてしまうので注意が必要です。

    深みのあるカラーが似合うオータムタイプ


    出典:WEAR

    オータムタイプは、「イエローベース・イエベ」の「ハード」タイプ。オレンジやマスタード、オリーブなどの、秋の紅葉を思わせるカラーを顔周りに持ってくるのがおすすめです。

    合わせたいベーシックカラーは、イエローベースのベージュやブラウン。また、リッチでゴージャスなデザインが似合うので、ゴールドのアクセサリーや小物をプラスするのもおすすめですよ。

    苦手なのは青味の強いカラーや淡いカラー。全身淡いカラーでまとめると寂しい印象になってしまうので注意しましょう。

    コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ


    出典:WEAR

    ウィンタータイプは、「ブルーベース・ブルべ」の「ハード」タイプ。コントラストのはっきりしたカラーが似合うので、トータルでメリハリのあるコーデを意識しましょう。

    ウィンタータイプは、ハッと目を引くビビッドカラーも、シャーベットのような淡いカラーも似合います。

    濃いカラーならチェリーピンクやロイヤルブルー、ワインレッド、バイオレットなど。淡いカラーならアイシーピンクやアイシーブルー、アイシーバイオレットなどがおすすめです。

    ベーシックカラーはホワイトやブラック、グレー、ネイビーが似合います。

    顔周りにビビッドカラーやアイシーカラーを持ってくるのも良いですし、全体はモノトーンでまとめて、小物でビビッドカラー使うのも良いですね。

    ただし、黄味の強いカラーは苦手なので注意しましょう。

     

    いかがでしたか?

    パーソナルカラー別に、似合う色の組み合わせをご紹介しました。

    基本的には、顔周りに自分のパーソナルカラーに合った色を持ってくるのがポイントです。アウターなどは、自分に合ったベーシックカラーを使うと良いでしょう。

    また、苦手なカラーは絶対に使ってはいけない!というわけではないので、小物で取り入れるなどして、自分ならではのコーデを楽しんでくださいね。

    東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
    サロン&スクール ブラッシュアップStyle