パーソナルカラー別!おすすめの冬コーデ

日に日に寒さが厳しくなり、冬が近づいてきましたね。

冬はダークカラーの服ばかりになりがちですが、自分のパーソナルカラーに合った服を取り入れると、グンとおしゃれ度がアップしますよ。

今回は、パーソナルカラー別におすすめの冬コーデをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

スプリングタイプ


出典:WEAR

イエローベースのソフトタイプで、春のお花畑を思わせるキュートなカラーが似合うスプリングタイプ。

明度が高く、彩度の高いカラーが得意です。

冬はダークトーンの服を選びがちですが、スプリングタイプの方はなるべく明るいカラーを使いましょう。

アウターなら得意なベースカラーのアイボリーやキャメルがおすすめ。

トップスにはコーラルピンクやオレンジなどの明るく鮮やかなカラーを使うと、顔色が良く見え、スプリングタイプの活発でかわいらしい魅力が際立ちます。

サマータイプ


出典:WEAR

ブルーベースのソフトタイプで、夏のアジサイを思わせる青味のあるパステルカラーが似合うサマータイプ。

濁りのあるスモーキーなカラーも得意です。

黄味が強いカラーは苦手なので、冬コーデでも寒色系のカラーを使いましょう。

おすすめなのは、ネイビーやグレー系のカラー。特に、こちらの写真のようなブルーグレーのコートはサマータイプの方にピッタリです。

または、ネイビーやグレーのコートに、ラベンダーや水色などのトップスを合わせるのも良いですね。

オータムタイプ


出典:WEAR

イエローベースのハードタイプで、秋の紅葉を思わせるこっくりとしたカラーが似合うオータムタイプ。

低明度、低彩度の深みのあるカラーが得意です。

おすすめなのは、ブラウンやカーキ、マスタード、テラコッタなど。

渋めなカラーを使っても地味ならず、大人っぽいコーデに仕上がります。

ただし、コーデが暗くなりがちなので、こちらの写真のように小物で明るいカラーを取り入れると良いでしょう。

ウィンタータイプ


出典:WEAR

ブルーベースのハードタイプで、コントラストのはっきりしたカラーが得意なウィンタータイプ。

インペリアルレッドやロイヤルブルーなどの鮮やかなカラー、混じり気のない黒と白、シャーベットのような淡いカラーが似合います。

冬コーデでもコントラストを意識するのがポイント。

アウターにはベージュなどの中間色は避け、黒や白を選ぶのがおすすめです。

レッドやブルーなどの鮮やかなカラーは、多用しすぎると派手になってしまうので、トップスや小物でポイント使いすると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

パーソナルカラー別におすすめの冬コーデをご紹介しました。

基本的には、アウターには得意なベーシックカラーを、トップスやストールなど顔周りのアイテムには、その他の得意カラーを使うのがおすすめです。

自分のパーソナルカラーに合った服を取り入れて、冬コーデを楽しみましょう!

東京・青山
パーソナルカラー診断サロン&スクール
ブラッシュアップStyle