パーソナルカラー診断&メイクレッスン TOMOKO YABUKI

ブログ

パーソナルカラー別!おすすめの秋メイク

秋も深まり、肌寒い日が続きますね。
皆さん秋服への衣替えは済んでいると思いますが、メイクはどうしていますか?
季節に合わせて、洋服だけでなくメイクも衣替えしていきましょう!
今回は、パーソナルカラー別におすすめの秋メイクをご紹介します。

スプリングタイプ

イエローベースで、春のお花畑を思わせる明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ。
秋メイクには、オレンジやコーラルピンク、ゴールデンブラウンなどのカラーを使うと良いでしょう。
例えば、オレンジ×ゴールデンブラウンのアイシャドウに、コーラルピンクのチーク&リップなどがおすすめ。

暗い色や青味の強い色は苦手なので、ダークブラウンのアイシャドウやブラウン系のリップ、青味ピンクのチークやリップは避けた方が良いでしょう。

サマータイプ

ブルーベースのソフトタイプで、夏のアジサイのような青味のあるパステルカラーが似合うサマータイプ。
オレンジやベージュなどの、黄味の強いカラーは苦手です。
秋メイクに使いたいのは、秋の果実を思わせるレッド系のカラー。具体的には、ローズやモーヴなどがおすすめです。

アイシャドウの締め色には、ココアブラウンやピンクブラウンなどの、黄味がかっていないカラーを使いましょう。

オータムタイプ

イエローベースで、秋の紅葉を思わせる落ち着いたカラーが似合うオータムタイプ。
テラコッタやカーキ、ゴールド、ブラウンなどを使った秋メイクがおすすめです。

例えば、ゴールドやブラウン系のアイシャドウにオレンジ系のチーク&リップなど。
また、カーキなどの深みのあるグリーン系のアイシャドウや、ブラウン系レッド、ベージュ系のリップも似合います。
スプリングタイプと同様に、青味の強いカラーは苦手なので避けましょう。

ウィンタータイプ

ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。
黄味の強いカラーは苦手なので、秋メイクには黄味がかっていないレッド系のカラーを使うのがおすすめです。
サマータイプと似ていますが、ウィンタータイプの場合は、よりはっきりとした鮮やかなカラーを選ぶと良いでしょう。
具体的には、ボルドーやバーガンディー、ベリー系のレッドなどが似合います。

ウィンタータイプは目力が強いので、アイシャドウは控えめにしてリップに鮮やかなカラーを使うなどして、バランスを取りましょう。

いかがでしたか。パーソナルカラー別におすすめの秋メイクをご紹介しました。
秋メイクのポイントは、温かみのあるカラーを使うこと。
イエローベースならオレンジやブラウン系、ブルーベースならレッド系のカラーを取り入れるのがおすすめです。

ぜひこれを参考に、自分らしい秋メイクを楽しんでくださいね!
東京・パーソナルカラー診断&メイクレッスン
サロン&スクール「ブラッシュアップStyle」

2019.11.06