パーソナルカラー別!似合うチークカラーを見つけよう

お顔の血色感をアップさせて、明るく華やかな印象に見せてくれるチークカラー。

ピンクやローズ、オレンジなどさまざまな種類があり、どんなカラーを使えばいいか迷うことも多いですよね。

自分の肌に合わないカラーを使ってしまうと、チークだけ浮いてしまったり、顔色がくすんで見えてしまったりすることもあります。

チークカラーは、自分のパーソナルカラーに合わせて選ぶことが大切なんです。

そこで今回は、パーソナルカラー別に似合うチークカラーについてご紹介します。

スプリングタイプに似合うチークカラー

cheek_1

イエローベースでソフトな印象のスプリングタイプ。黄色味の強い、クリアで柔らかいカラーが似合うタイプです。

おすすめのチークカラーは、肌に自然な血色を与えてくれる「コーラルピンク」。

マットタイプよりも、ツヤ感のあるタイプがおすすめです。

持ち前の肌の透明感を活かした、フレッシュでピュアな印象に仕上がります。

サマータイプに似合うチークカラー

cheek_2

ブルーベースでソフトな印象のサマータイプ。青味のある、パステル調のやさしいカラーがよく似合います。

サマータイプの方はもともと頬に赤味があるので、チークカラーは「ソフトなローズピンク」がおすすめ。

サマータイプの知的で上品な雰囲気を活かしながら、華やぎを添えることができます。

オータムタイプに似合うチークカラー

cheek_3

イエローベースで、大人っぽく落ち着いた印象のオータムタイプ。表皮がしっかりしており、肌の赤味が目立ちにくいのが特長です。

オータムタイプの方は、温かみのある「オレンジ系」のチークカラーを選んで、血色感をアップさせるのがおすすめ。

お顔を引き締めたい場合は、「ブラウン系」のチークカラーをチョイスしても良いでしょう。

ウィンタータイプに似合うチークカラー

cheek_4

ブルーベースで、コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ。

目に力があり、シャープでクールなイメージを持っています。

ウィンタータイプの方は血色感が出にくいので、「濃いめのローズピンク」のチークカラーで、頬に赤味をプラスするのがおすすめ。

メリハリのある顔立ちがさらに際立ち、華やかな印象に仕上がります。

 

いかがでしたか。

パーソナルカラー別に、おすすめのチークカラーをご紹介しました。

チークカラーはお顔全体の印象を左右する重要なアイテム。

自分のパーソナルカラーに合ったチークカラーを選ぶと、その人らしい美しさを引き出すことができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。