パーソナルカラー別!おすすめの色の組み合わせ

こんにちは。

皆さん、パーソナルカラー別に似合う色があることはご存知だと思います。

でも、似合う色を1色知っているだけでは、うまくコーディネートができないですよね。

そこで今回は、パーソナルカラー別におすすめの色の組み合わせをご紹介します。

押さえておきたい!コーデのポイント


出典:WEAR

パーソナルカラー別のおすすめを紹介する前に、まずはどのタイプにも共通する、コーデのポイントについて説明します。

一つ目のポイントは、顔周りにパーソナルカラーを持ってくること。こうすることで、お顔がパッと明るく見え、生き生きとした印象に見せることができます。

二つ目のポイントは、ベーシックカラーを取り入れること。例えば、ピンク×オレンジでは派手な印象になってしまいますが、ベージュなどのベーシックカラーを合わせることで、派手すぎずまとまりのあるコーデに仕上がります。

三つ目のポイントは、苦手なカラーは小物で使うこと。苦手なカラーを顔周りに持ってきたり、コーデのメインにしたりするのは避けましょう。顔色が悪く見えてしまいます。

ですが、苦手なカラーの小物を、差し色として使用するのはアリ。同系色だけだと単調なコーデになりがちですが、アクセントとして異なるタイプの色を加えることで、ワンランク上の印象的なコーデに仕上がります。

また、小物以外でも、顔から離れたボトムなら苦手なカラーを使ってもOKです。

それではここからは、パーソナルカラー別におすすめの色の組み合わせをご紹介します。

明るくクリアなカラーが似合うスプリングタイプ


出典:WEAR

スプリングタイプは、「イエローベース・イエベ」の「ソフト」タイプ。イエローやオレンジ、コーラルピンク、グリーンなどの、イエローベースで明るいカラーをトップスに使いましょう。

アウターやボトムで使いたいベーシックカラーは、アイボリーやベージュ、キャメル、明るいブラウンなどがおすすめです。

苦手なのは、青味の強いカラーや濁ったカラー。トップスには使わないようにしましょう。

青みのあるパステルカラーが似合うサマータイプ


出典:WEAR

サマータイプは、「ブルーベース・ブルべ」の「ソフト」タイプ。アジサイを思わせるような、青味のある淡いカラーが似合います。顔周りには、ラベンダーやスカイブルー、ローズピンクなどを使うのがおすすめです。

合わせたいベーシックカラーは、ホワイトやグレー、ネイビー。イエローベースのベージュやブラウンを使いたい場合は、ピンクをかぶせたようなローズベージュ、ローズブラウンを選びましょう。

苦手なのは、オレンジなどの黄味の強いカラー。顔色が沈んで見えてしまうので注意が必要です。

深みのあるカラーが似合うオータムタイプ


出典:WEAR

オータムタイプは、「イエローベース・イエベ」の「ハード」タイプ。オレンジやマスタード、オリーブなどの、秋の紅葉を思わせるカラーを顔周りに持ってくるのがおすすめです。

合わせたいベーシックカラーは、イエローベースのベージュやブラウン。また、リッチでゴージャスなデザインが似合うので、ゴールドのアクセサリーや小物をプラスするのもおすすめですよ。

苦手なのは青味の強いカラーや淡いカラー。全身淡いカラーでまとめると寂しい印象になってしまうので注意しましょう。

コントラストのはっきりしたカラーが似合うウィンタータイプ


出典:WEAR

ウィンタータイプは、「ブルーベース・ブルべ」の「ハード」タイプ。コントラストのはっきりしたカラーが似合うので、トータルでメリハリのあるコーデを意識しましょう。

ウィンタータイプは、ハッと目を引くビビッドカラーも、シャーベットのような淡いカラーも似合います。

濃いカラーならチェリーピンクやロイヤルブルー、ワインレッド、バイオレットなど。淡いカラーならアイシーピンクやアイシーブルー、アイシーバイオレットなどがおすすめです。

ベーシックカラーはホワイトやブラック、グレー、ネイビーが似合います。

顔周りにビビッドカラーやアイシーカラーを持ってくるのも良いですし、全体はモノトーンでまとめて、小物でビビッドカラー使うのも良いですね。

ただし、黄味の強いカラーは苦手なので注意しましょう。

 

いかがでしたか?

パーソナルカラー別に、似合う色の組み合わせをご紹介しました。

基本的には、顔周りに自分のパーソナルカラーに合った色を持ってくるのがポイントです。アウターなどは、自分に合ったベーシックカラーを使うと良いでしょう。

また、苦手なカラーは絶対に使ってはいけない!というわけではないので、小物で取り入れるなどして、自分ならではのコーデを楽しんでくださいね。

東京・青山パーソナルカラー診断&メイクレッスン
サロン&スクール ブラッシュアップStyle