パーソナルカラーに合わせて、ヘアカラーを選ぼう!

雑誌で素敵な髪色を見つけてその通りにオーダーしたのに、「何だかイメージと違う…」なんてことありませんか?

その原因は、パーソナルカラーとヘアカラーが合っていないせいかもしれません。

ファッションやメイクと同様に、ヘアカラーもパーソナルカラーに合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、パーソナルカラー別に似合うヘアカラーをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

スプリングタイプには、明るくクリアなカラーがおすすめ

blur-1853957_1280

ソフトなイエローベースのスプリングタイプ。黄色味の強い、明るくクリアなカラーがよく似合います。

スプリングタイプの方には、「ウオームライトブラウン」などの、明るく透け感のあるヘアカラーがピッタリ。ブラウンでも重くならず、明るくキュートな印象に仕上がります。

そのほか、ガーリーで華やかな印象になる「オレンジブラウン」のヘアカラーもおすすめですよ。

スプリングタイプの方はハイトーンカラーもよく似合うので、思いっきり明るいヘアカラーに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

サマータイプは、青味のあるソフトなカラーを選んで

girl-1245773_1280

ソフトなブルーベースのサマータイプ。青味のある、ふんわりとしたやさしいカラーがよく似合います。

黄色味の強いブラウンだと、肌がくすんで見えてしまうので要注意。「ココアブラウン」や「ローズブラウン」など、青味のあるカラーを入れたブラウンをチョイスしましょう。

また、サマータイプの肌色に近い「ピンクブラウン」や、オレンジ味を抑えた「ライトアッシュブラウン」などもおすすめです。

サマータイプの柔らかい雰囲気を生かせるよう、やや明るめのトーンのヘアカラーを選ぶと良いでしょう。

オータムタイプには、温かみのあるダークブラウンがピッタリ

girl-3468114_1280

イエローベースの中でも、暗い色や濃い色が似合うオータムタイプ。

明るいヘアカラーだとバランスがとりにくいので、落ち着いた仕上がりになる、ダークでマットなブラウンを選ぶと良いでしょう。

具体的には、ビターな「チョコレートブラウン」や、まろやかで温かみのある「マロンブラウン」、ほんのり赤みのある「カッパーブラウン」、深みのある「マットブラウン」などがおすすめです。

ウィンタータイプは、黒髪の美しさを生かして

girl-1733352_1280

ブルーベースのハードタイプ。クールでシャープな印象で、コントラストがはっきりとした、ビビッドなカラーがよく似合います。

ウィンタータイプは艶やかな黒髪が魅力なので、ヘアカラーは明るくしすぎず、ダークトーンで仕上げましょう。

たとえば、黄色味が少なく深みのある「ワインレッド」や「ダークバイオレット」などがおすすめ。抜け感を出したい場合は、透明感のある「アッシュブラウン」を選ぶと良いでしょう。

ウィンタータイプの場合は、無理にヘアカラーをせず、日本人ならではの黒髪を生かすのもおすすめです。トリートメントなどでしっかりとヘアケアをして、艶のある美しい黒髪に仕上げましょう。

 

いかがでしたか。

パーソナルカラー別に、おすすめのヘアカラーをご紹介しました。

素敵な髪色でも、パーソナルカラーによってはしっくりこない場合もあります。

ヘアカラーはメイクのように毎日変えられるものではないので、自分に似合うカラーを慎重に選びたいですよね。

自分のパーソナルカラーと似合う髪色を知って、おしゃれをもっと楽しみましょう!