• 自分のパーソナルカラーを知れば第一印象が明るく華やかになる!

    こんにちは。

    秋も深まり、肌寒くなってきましたが、重ね着やストールなどでおしゃれを楽しめる季節となってきましたね。

    秋と言えば、オータムタイプの方が得意とする色使いが多いファッションとなってきますが、小物などで他タイプの方も秋らしいオシャレを楽しみたいものです。

    こうやって自分のパーソナルカラーに合わせたファッションを心がけている方は多いとは思うのですが、今回はパーソナルカラーを意識することで、どのようなメリットが自分に生まれるのかをご紹介したいと思います。

    肌が明るく見える

    パーソナルカラー
    パーソナルカラー診断を行うことで、まずは自分がブルーベースの肌なのかイエローベースの肌なのかを診断できます。

    ここで自分の色味と反対のベース色を使ってしまうと、肌馴染みが悪く、ぼんやり暗い印象になったり、顔が白く浮いてしまうことも。

    このように自分に合わないベース色を使うことは、とってももったいないことです。ですが、逆に自分に合うベース色を知り、それを使うことで肌質を明るく見せることができます。

    血色がよく見える

    あれ。今日はなんだか顔色が悪く見えるな…そういったことはありませんか?スプリングタイプの私は、以前パーソナルカラーなど気にしていなかった頃、会社に出社してすぐ、「顔色悪いけど具合悪い?」と数人の同僚に言われたことがあります。

    その時は特に気にしていなかったのですが、私がそう言われる時はスプリングタイプにはあまり似合わない、水色やパステルピンク、グレイのトップスを着ていることが多かったのです。

    逆にパーソナルカラーを意識して、自分に合う服を着ると顔色がパッと明るくなるのは驚きでした。

    「肌馴染みのいい色」とは、それぞれのパーソナルカラーで違いますので、自分に合った色を知り、その色をメインに使うことは血色の良い肌に見せるために必要となります。

    シミやシワといった肌トラブルを目立たせない

    これはさっきお話しした「血色がよく見える」と同じようなことになります。

    血色が良ければ、肌ツヤもよく、肌も明るく見え、見ている人に透明感を感じさせるため、肌トラブルが目立ちにくいのです。

    逆に血色が悪い顔色だと、やけにほうれい線やシミが目立ったり、ほおのたるみが気になったりします。

    元気がない顔色は疲れてみえてしまうため、余計に肌トラブルが目立ってしまうのです。肌色をくすませる色、つまり自分のパーソナルカラーとは合わない服の色は、できる限り顔まわりで使うことは避けていきたいですね。

    つまりは第一印象アップを狙える!

    51_large_pe

    パーソナルカラーの一番の目的は、自分自身を「明るく華やかに見せること」です。それには肌ツヤを美しく見せることが第一前提。

    そしてその美しさを一番引き出せるのが、メイクや着ている服をパーソナルカラーに合わせることによって得られる相乗効果です。

    自分に合ったパーソナルカラーのメイクや服を身に纏うことで、雰囲気がパッと華やかに明るく見え、第一印象でも「素敵な人」だという印象になるのですから、ぜひともご自分のパーソナルカラーを日々活用していただきたいです。

     


  • パーソナルカラー診断で見つける自分を魅力的にみせる色

    パーソナルカラー診断で分かること

    パーソナルカラー診断

    パーソナルカラー診断では、肌・瞳の色などといった身体の表面色と調和する似合う色を見つけることができます。似合う色を見つけるということは、人との第一印象であなたを「素敵な人」と印象付けることに繋がります。例えば、自分に「調和しない色」の服を着ていると、見る人に「違和感」を与えてしまい、なんとなく第一印象が悪いということに。しかし自分に「調和した色」の服を身につけることで見る人に「安定感」や「安心感」を与えます。これが相手へポジティブな第一印象を与えるのです。

    パーソナルカラー診断をプロに見てもらうということ

    今やインターネット、もしくは雑誌などで簡単にパーソナルカラーを導き出すことができます。質問にいくつか答えていくだけで「ああ、自分はスプリングタイプなんだ」「サマータイプね!」と答えが導き出されるのです。ですが、実はプロのパーソナルカラー診断を受けてみると、セルフで出した診断結果とは違う、といったことはよくあること。セルフ診断ではずーとサマータイプだと思っていたのに、実はウインタータイプだった、オータムタイプだと思っていたらスプリングタイプだったなんてことがあるんです。これは自分で自分を客観的にみることが難しいから起こることですが、何よりカラーのプロというのは、肌の色や瞳の色といったところから、その人に似合う色を合わせていきます。自分の第一印象を変えたいと思う人はぜひ一度、プロのパーソナルカラー診断を受けてみてくださいね。

    パーソナルカラー診断は4つのタイプに分けられる

    パーソナルカラー診断

    パーソナルカラー診断では「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」と4つのタイプに分けられます。それぞれのタイプには特徴があるので、自分に近いものがどれか、また同じタイプの芸能人を知ってファッションやメイクの参考にするといいですね。

    スプリングタイプ

    スプリングタイプに似合う色は、黄色を含んだ暖かみのある色。その中でも明るく澄んだ色がよく似合います。キュート・ポップといったイメージをつくることができます。スプリングタイプに人は肌はクリームアイボリー、瞳は明るい茶色系、髪は地毛が明るい色の場合が多いです。

    ●このタイプの有名人●

    梨花、など

    サマータイプ

    サマータイプに似合う色は、青色が含む涼しげな色です。上品で清楚、エレガントなどのイメージをつくることができます。サマータイプの人は肌の色はピンクベージュ、また頰が赤くなりやすいタイプが多いです。瞳は黒色で、髪の色はやわらかな黒色です。

    ●このタイプの有名人●

    広末涼子、松島奈々子、新垣結衣など

    オータムタイプ

    オータムタイプに似合う色は、イエローゴールドやオレンジなど黄色を含んだ暖かみのあるアースカラーです。ゴージャス・シックといったイメージをつくることができます。肌の色は落ち着いた深みのアイボリー肌色、肌質はマット。瞳は深みのあるダークブラウンで、髪も瞳と同じダークブラウンです。

    ●このタイプの有名人●

    北川景子、長谷川潤、安室奈美恵など

    ウインタータイプ

    ウインタータイプに似合う色は、青色を含んだ涼しげな原色が中心。はっきりとした強い色が似合います。都会的・シャープなイメージをつくることができます。肌は透けるような色白、もしくは赤味のない浅黒い肌。瞳は黒目と白目のコントラストがはっきりしています。髪も漆黒の場合が多いです。

    ●このタイプの有名人●

    黒木メイサ、剛力彩芽、柴咲コウなど

    パーソナルカラー診断でさらに魅力的な自分に

    パーソナルカラー診断

    あなたは相手の第一印象をどこで決めますか?

    目?口元?髪型?ファッション?スタイル??

    おそらく全身をトータルに見て、その人から醸し出される雰囲気から第一印象というものが決まると思います。

    自分が醸し出す雰囲気は、あなたに似合ったファッションやメイクが決め手。

    ぜひ一度、パーソナルカラー診断を受けて自分を魅力的にみせる方法について考えてみませんか?

    きっとあなたの自信に繋がること、間違いありません。